慰謝料請求を浮気相手に

浮気問題
スポンサーリンク

慰謝料を請求できる場合とできない場合とできないケース。

※ 浮気・不倫相手に故意もしくは過失があること、権利の侵害を受けたことが当てはまらないといけません。

〇故意・過失が認められる
既婚者であることを知りながら肉体関係を持った場合。
既婚者と浮気・不倫をしていると気が付く状況であるにも関わらず、把握していなかった時

☆権利の侵害が認められる場合
浮気・不倫相手の不貞行為により、それ以前は円満だった夫婦関係が悪化し、離婚の原因になった場合。もしくは、浮気相手と配偶者で肉体関係はなかったが、夫婦関係が破綻するほどの親密な交際をしていた。

●浮気・不倫相手に慰謝料を請求できない場合。

☆権利の侵害が認められない
婚姻関係が破綻していたと認められてしまった場合。
多いのは夫婦が別居していると判断されたケース。

① すでに十分な慰謝料を受け取っている場合です。
② 時効が成立した場合。
慰謝料請求には時効があり、不貞行為の事実および浮気・不倫相手を知った時点から3年を過ぎると慰謝料の請求ができなくなります。

*******************************************************
大分での浮気調査は「西日本リサーチ」までご連絡下さい。
熊本市中央区南熊本5丁目10番28号 1階
0120-252-444
********************************************************

clover

ここにブログ記入者のプロフィールが入ります。ここにブログ記入者のプロフィールが入ります。ここにブログ記入者のプロフィールが入ります。

cloverをフォローする
Facebook

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

浮気・不倫調査など探偵調査なら西日本リサーチ

探偵調査をお考えの方へ。まずは無料相談を

大分の探偵調査なら西日本リサーチへ。

まずはお悩みやお困りごとを詳しくお聞かせください。
そのうえで、調査方法の検討および御見積を行います(無料)
完全予約制となりますのでまずはお電話にてご予約をお願いいたします。

浮気問題
cloverをフォローする
探偵大分007

コメント

タイトルとURLをコピーしました